• contactfilt

安藤由香さんの工房へ


昨日、安藤由香さんの工房へ行きました。

(写真のピントが合ってません・・・残念)

美しい曲線に淡いグラデーションが美しい作品が沢山です。

その美しさに見惚れ、取り扱いをさせていただいています。

作業の一部を見させていただきました。

陶器は釉薬という薬をつけて、焼くときに釉薬と土が反応して色が出ます。その温度や土の成分が少し違うと色が変わって来たりするそうです。

が、今回はその釉薬をつける前に、釉薬をつけたくない箇所へ“釉薬がつかない”ようにする作業をしているとのこと。

マークの箇所ははみ出さないように丁寧に・・・

本当に手間がかかっています。

この後の釉薬もグラデーションにする為には吹きつける作業を数回したりと・・・

これだけ繊細なものだから、納得できないものは破棄してしまうそうで、

完成するまでかなり手間ひまかけてつくられているんだ、と実感しました。

この色を出す為にも何度も試行錯誤されています。

そうして安藤由香さんだけの安藤由香さんらしい繊細で美しい作品ができているのですね。

実は昔、ニューヨークでキャリアウーマンだった事を教えていただきました。海外にいて、日本の伝統の良さに気づいて、そこから始まったそうです。

器は今、とても安く手に入る時代です。ですが、一度安藤由香さんの作品を見てほしいです。触ってほしいです。

毎日使う器が、陶器のものである。それは自然(土)からできたものに触れる。優しい曲線に触れる。美しいデザインを愛でる。

こんなに贅沢なことは無いと思います。

日用品。だからこそこだわりませんか。

やはり手間がかかるもの、お願いしている物が届くのは少し先になります。

届いたら是非お店に見に来てくださいね。

Tanbata.


0回の閲覧

Copyright © 2016 by FILT. All Rights Reserved.