• Tanbata

フィルト的インテリアのルール2


【テーブルより椅子選びが大切!?】

インテリアのコーディネートを考えたとき、空間の印象を大きく決定づける要因の一つがダイニングチェアです。

なぜなら、椅子は昔から色々なデザイナーが色々なデザインをしていて、それだけでオブジェになり得る程の力があるからです。

一方、テーブルは面積が大きいからとテーブルを先に選びがちですが、大雑把に言ってしまえば、テーブルは四角か、丸か。後は素材を選ぶ、といった所です。(もちろんデザインの素敵なテーブルは多く存在していますが・・・)それにくらべて、椅子の個性と言ったら本当に様々なのです。

曲げ木を活かしたERCOL(アーコール)のチェアは空間を柔らかくします。

スタッキングチェアはスッキリと端正な空間作りに。

FDB moblerのJ46で北欧の優しいインテリアが作れます。

チェアの色をナチュラルから黒に変えると一気にシックでモダンな空間作りができます。

同じチェアでも色が違うと全く違った空間になります。

ですので、「好きなチェアを選んでから色を選ぶ」より、「好きな空間をイメージしておくとチェアの色は自然に決定する」と思います。

(FritzHansen セブンチェア)

ナチュラルでも脚がスチールになると優しいけど、モダンな北欧インテリアができます。

黒×スチール脚はこれまでの中で一番モダンな印象ですね。

同じような成型合板の背と座が一体になったチェアでも、脚まで木だとこんなに柔らかな印象になりますね。

今度はそれを全て白くしてみました。清潔感のあるインテリアができます。

(HAY design)

世界中の家具メーカーから出ているプラスチック系のチェアはポップな印象を作るのにもってこいです。

これがファブリック(布)になった途端にこんなに上品に女性的なインテリアをつくる事ができます。

さて、いかがでしたでしょうか?テーブルは全て同じ物を使用して、同じ位置で椅子だけ変えて撮影しています。

デザイン・素材・色の組み合わせで自分好みの 椅子を選べば、それが空間作りの第一歩になります。

それをふまえて、今回のブログを上に下にスクロールして見比べると、とても面白いですよ。

椅子が決まれば、自然と相性の良いテーブルも絞られます。そして、ダイニングセットが決まれば、ソファも選びやすくなります。

そのダイニングセットと相性の良いソファなんて本当に限られます。

ダイニングセットとソファが決まれば、後はお好みのアクセサリーを相性が良いように組み合わせればインテリアコーディネートができるのです。

インテリアコーディネートにおける、椅子の重要性が分かりましたでしょうか?

また、椅子はこれだけ個性が豊かなので、インテリア好きの中には椅子コレクターが多くいる程です。

是非、ご自身のお好みの椅子を見つけてみてくだいね。

FILT.的インテリアのルール掲載


764回の閲覧

Copyright © 2016 by FILT. All Rights Reserved.