• Tanbata

フィルト的インテリアのルール1


【シンプルで美しいもの選び】

とても漠然とした言い方ですが、インテリアの物を選ぶときに注意したいのが、「単品買い」。

どういう事かというと、インテリアショップで見つけた小物がとても好みで衝動買い!なんてことがあると思います。

それはとても危険です。空間で物をとられられた方で良ければ良いのですが、それができていないと、空間を壊してしまうからです。

例えば、服を買うとき、先ず自分に似合うかどうか、自分の持っているパンツや靴等他のアイテムと合うかどうかを考えますよね?

それがインテリアになるとなかなかできない人が多いのです。

椅子はこれが格好いい!テーブルはこれが格好いい!ソファはこれが良い!このフラワーベースが素敵!と単品でそれぞれを選んでしまうんですよね。

服のように自分の体に纏う物ではないので、個々で考えてしまうのでしょう。

しかし、同じ空間の中に入れるものだと、相性が良くない物同士だと凄くチグハグしてしまうんですよね。そのちぐはぐ感は、居心地の良い空間作りの大敵です。

さて、ではどういうもの選びをしていけば良いのでしょうか?

とても単純に言ってしまいますが、デザインが良い物を選びたいとしても、シンプルな物を選ぶ事です。主張が強すぎるものをコーディネートするには大変なセンスがいります。時にはインテリアグッズほとんどを買い替えなければいけない程。。。

FILT.がオススメしている"長く使える良いもの"の多くが細かいデザイン、色合い等は非常に美しいのですが、本当にシンプルです。だからこそ、コーディネートしたときに互いの良さを引き立て合い、空間全体が美しくなるのです。

ここで言いたいことは、じゃあどんな物を買えば良いか?ではなく、選ぶ時の目線を少し変えていただければ、と思うのです。

・どんな空間にしたいのかを考える。

・単品のデザインより全体の相性を。

・衝動買いをしない。

それは北欧インテリアでも、ミッドセンチュリーでも、インダストリアルでも、カントリーでもなんでも言えます。

家具や雑貨選びは服のように頻繁に買い物をしないで慣れていないかもしれませんが、インテリアコーディネートも一緒で、

家≠体、

ソファやテーブル、椅子≠服、パンツ、靴。

間接照明、フラワーベース≠アクセサリー

そうやって考えると分かりやすいでしょうか?自分に似合う好みの服やパンツ、靴のそれぞれの相性がいいものでコーディネートをし、

何か足りないなぁと思ったらアクセサリーで個性を出す。

インテリアもそうやってコーディネートしていくととても楽しいですよ。

具体的には次回以降。

FILT.的インテリアのルール

Tanbata.


274回の閲覧

Copyright © 2016 by FILT. All Rights Reserved.