• Tanbata

FILTがLEKLINTを選ぶ理由


FILT.では展示の照明にデンマークのレ・クリントを採用しています。

出典:LE KLINT HP(http://www.leklint.com)

デザインが素敵なのはもちろん、やはり選ぶにはそれなりの理由があります。

それを少しお話したいと思います。

先ず、明かりの感じ方についてですが、太陽を直接見ると「まぶしい」と感じます。これは「不快」に感じているという事です。ですが、障子を閉めて、障子越しに入る太陽の光はどうでしょう?とても柔らかな「陽だまり」をつくり、その光はとたんに優しさに変わります。

照明にもそれは言えます。レ・クリントのペンダントライトは直接見るとまぶしいと感じる電球の明かりを特殊プラスチックを通す事により柔かな光に変え、空間を温かく照らしてくれるのです。そして、シェードが傘のようになっていないので、上方向まで明かりが行き渡るのです。結構上が暗くなってしまう照明は多いんですよ。

また、そのデザイン自体が非常に美しい。

1枚の特殊プラスチックを職人が手で織り上げ完成したこの美しさは、折り目で陰影をつくり、それ自体が美しいオブジェのよう。まさに、光の彫刻です。現在は技術が発達し、照明を天井に埋め込んで、スッキリさせたり、LEDを仕様したミニマルなデザインの照明も多いですが、レ・クリントはわざわざ魅せたい、空間を変えてくれるペンダントライトです。

「空間を変える」と言う部分では、スタンドライトがその役割を大きく果たします。

出典:LE KLINT HP(http://www.leklint.com)

全国のインテリアショップでも、こちらを採用しているお店は少ないのではないでしょうか?

暗くなるとシェードが浮かび上がり、暗闇の中の曲線がなんとも美しい。

FILT.は、この美しいデザインに惚れ込み、また空間を変えてしまう力の凄さからこちらを展示しています。

他がシンプルなアイテムばかりでも、こんなにクラシカルに大人の素敵な空間づくりができてしまうのです。

もちろん、他の北欧のアイテムとも相性抜群で、巨匠ボーエ・モーエンセンのロッキングチェアと合わせると絵画のようなワンシーンの完成です。

LE KLINTは他の照明器具とは温かさが、デザインが、品格が違います。また、FILT.がセレクトしているこれらは格別だと自信を持ってオススメしております。

是非、LE KLINTのある空間を見にいらしてください。

Tanbata.


176回の閲覧

Copyright © 2016 by FILT. All Rights Reserved.