• Tanbata

コーディネートの参考になる本


こんにちは、インテリアコーディネーターの反端です。今回は私が普段インテリアのコーディネートの参考にしている雑誌や写真集をご紹介したいと思います。

先ずはこれまで何百回見返したでしょう。ML(モダンリビング)214号。

いわゆる北欧の名作家具、アルネ・ヤコブセンやハンスJ.ウェグナーの家具、フィンユール、J.L.モラー等、北欧の名作家具での空間作りが沢山載っています。

実は私の自邸もこの1ページがとても好きなコーディネートがあり、とても参考にしています。

ちらり

この1冊が衝撃的に良く、モダンリビングは毎回楽しみにしています。

そして、1年後の北欧特集ML220号

前回よりも色づかいが目立ちました。特にブルーの使い方が勉強になった1冊です。ウォールナット×ブルー、オーク×ブルー。青を取り入れるだけでグッと北欧の空間を作り上げられることが特に勉強になりました。これも未だに何度も見返しています。

ちらり

続いて、写真集。

Landmarks

尊敬する方から教えていただいたもの。 名建築等が沢山紹介されているのですが、珍しいのがそのインテリアを沢山掲載している事。名建築、歴史ある建物の中でも昔も今も変わらず名作家具が使われている事が分かります。また、どれも所謂リアルなヴィンテージ。こんな風に味が出てくるんだと感動する1冊。

ちらり

つづいて最近手に入れたTHE KINFOLK HOME

沢山の素敵な暮らしをされているセンスのいい家族のリアルなインテリア。シワのある布があったり、ギシギシいいそうな床、それぞれにストーリーがあるだろう陶器や小物。そこには温度があり、個性がある。名作ばかりではないが、温かな暮らしがあるとても素敵な本です。

私はこれらから沢山学び、引き出しが少しずつ増え、その人ごとに何が最適か、あちらこちらの引き出しから色々出して組み合わせてご提案させていただいています。こういった本が増えると、自分自身の感性の厚みも増えていくようで嬉しいんです。

インテリアとしても素敵なんですよね。by Lassenと組み合わせました。

クリスマスプレゼントを買っていない方はこんなものを自分自身にプレゼントなんてのも素敵ですね。ご紹介した4冊は現在、ネットでも購入できるようです。バックナンバーもございました(2016年12月現在)。

北欧インテリアを目指されている方なんかにはとてもオススメの本ばかりですよ。

Tanbata.


198回の閲覧

Copyright © 2016 by FILT. All Rights Reserved.