• Tanbata.

FUTAGAMIショールーム@富山県


先週オープンしたばかりのFUTAGAMI(二上)のショールームへ行ってきました。

FILT.で取り扱わせていただいているOnamiをデザインされた山崎善樹さんにご案内していただきました。本当にありがとうございました。

ダイニング一部屋くらいのショールームです。

そこにはキッチンもありました。

こちらのショールームはただ、棚に並べるのではなく、暮らしの中でどんな風に使われるかをイメージできるようにテーブルの上、キッチンの上に商品が置かれています。

こちらのまだ販売前のランタン型の照明なんてかなり素敵でした。

キッチンにはキッチン用品が置かれています。

ご紹介が遅れましたが、FUTAGAMIさんの商品は真鍮でできています。

その鈍い輝きと美しいデザインが渋く、魅力的です。

テープカッターやペーパーウェイト。それ自体がディスプレイになってくれます。

個人的にこのキーリングは手に入れたいと思っています。とても可愛くないですか?こちらは山崎さんもデザインに携わっているそうです。

これまでの写真をみて感じられる方も多いかと思いますがFUTAGAMIさんは素敵なデザイナーさんがデザインしています。また伝統的な鋳物の技術を使って作られています。

特別に事務所も見せていただきました。真鍮はその鈍い輝きが魅力と言いましたが、経年変化を楽しめるのが大きな特徴です。どんどんくすんでいきます。こちらの部屋にはレザーのソファも置かれ、やはり数年後の方が味が出てかっこ良くなっているでしょう。

真鍮は空気に触れて酸化する事によって、経年変化をしていきます。手や物で触ればまた違った変化をしていきます。その人の暮らし方が大きく反映されるのです。

こういった永く使える良い物は使わなければ「劣化」使えば「熟成」。教えていただいた言葉ですが、とても心に響く言葉でした。

無垢の木ものや、レザーの家具、北欧の永く使える家具にも通ずる話で、またそういったものと馴染むデザインです。良いものを永く使いたいという方に本当にオススメしたいです。

その家だけの色に染めていけるFUTAGAMIの商品。今後、FILT.でもご案内していきますので、お楽しみにお待ちください。

Tanbata.


204回の閲覧

Copyright © 2016 by FILT. All Rights Reserved.